彼となら

彼私は何事においても「慣れる」という事が余り得意ではありません。
ですので、初対面の人と接するのも好きではありませんでしたし新しいことにチャレンジをするのも好きではありませんでした。

1つでも「これだ」と思えるものがあれば続けられる性質ですので
長く続いている趣味はありましたしその中で出来た友達も居ました。
「これで私は十分」
そう思って居たんです。

そんな私の性質を知ってか知らずか、男友達は新しい事にチャレンジしようというときになると必ず私を誘うのです。
最初は首を横に振ってばかりいたのですが
「たまには付き合えよ」と少し拗ねる彼に少しだけ付き合ってみることにしたんです(苦笑)

それがとても私には刺激的で楽しい経験となりました。
その後も彼から様々なお誘いがあったのですが、今まででは考えられないくらいに
ポジティブになっていく自分を感じていました。
それはきっと
未知なことでも彼となら大丈夫」と思える部分があったからなんです。
一緒に様々な体験をしていくうちに、私は彼を好きになっていたというわけです。

そうして彼との時間が多くなっていくことに喜びを感じていました。
そんなある日、彼のほうから告白をしてくれたのです。
いつかは自分から言おうと思って居ただけに驚きと喜びで胸がいっぱいでした。